校長挨拶

   ホーム  >  校長挨拶

《校長挨拶》

                「見えない・見えにくい子どもの成長に寄り添う学校として」

                                                        校長 松本 佳子 

 

本校は、筑紫野市の自然環境に恵まれた場所に位置しています。平成31年度には創立110周年を迎える、視覚障がいのある(見えない・見えにくい)子どものための歴史ある学校です。

本校の校訓は、「明るく、優しく、たくましく」です。校訓のとおり、学校では34名の子どもたち(幼稚部4名、小学部16名、中学部14名)が、明るい声を響かせ、友だちや周りの人のことを思いやりながら、元気にたくましく、学習や運動に取り組んでいます。教科書(拡大文字や点字の教科書もあります)を使って小学校や中学校と同じ学習をしている児童生徒もいますし、自分の発達上の課題に合った学習をしている児童生徒もいます。少人数の学校ですが、その分、一人一人の実態に応じた指導を行うことができます。見えない・見えにくい子どもたちが将来自立するために、学力・体力・社会性・自己肯定感など義務教育段階までに必要な力をしっかりと身に付けさせ、一人一人の教育的ニーズに応じた指導・支援を行っています。

地域の幼稚園や小中学校との学校間交流や、児童生徒の居住地校との交流をとおして、より大きな集団での社会性も育んでいます。学部や学年に応じ、県内や九州地区の視覚特別支援学校の子どもたちとの交流もあります。寄宿舎も設置されており、通学の困難さの軽減や日常生活面での自立、年齢を超えた交流などに役立っています。

また、在籍児だけでなく、乳幼児や地域の学校に通う子どもたちに対しても教育相談等の支援を行っています。見えない・見えにくい子どもたちへの指導・支援は、早ければ早いほど効果的です。専門性の高い職員が対応いたしますので、気がかりなことがありましたら、まずは、ご相談・ご来校ください。

本校は、点訳・朗読・拡大文字などの多くのボランティアの方々にも長年にわたり支えられています。本校の教育活動にご理解・ご支援をいただいていることに対し、心からお礼申し上げます。

 

校章に込められた「子どもたちが希望をもって勉学に励み、勢いよく栄える柏の葉のように元気に成長し、自立と社会参加を目指す」という思いを引き継ぎ、「見えない・見えにくい子どもの成長に寄り添う学校」として在り続けるために、職員一丸となって取り組んでいます。学校公開期間などもございますので、是非、一度本校をお訪ねいただければありがたく存じます。

 ホーム
福岡県立福岡視覚特別支援学校〒818-0014福岡県筑紫野市大字牛島114番地
Tel:092-924-1101 Fax:092-928-8742